アラサーハゲの副業生活ブログ

ごくごく一般的なサラリーマンが副業でお金を稼ぐために悪戦苦闘するさまを綴っていきます。

*

大手SIerからの転職活動。その結果は…?!

   

27045085685_44a4c656f1
photo credit: In the sky via photopin (license)
さて、前回までの記事どおり、私は転職活動を開始しました。

転職活動にはこの業界の最大手、リクルートエージェントさんを
活用させていただきました。

転職活動なんてしたことないし、どうすりゃいいかわかんない!
という方はまずエージェントさんを利用しますよね。
ここだけの話、最初は胡散臭いというか、エージェントさんの都合のいい
会社ばかり紹介されるのかな?と思ってましたが、そんなことありませんでした。
実際に面談してみて、私のいろんな話聞いてもらって、
かなりいい気分にさせてもらいました笑
なんか、宣伝みたいになっちゃいますが、オススメです。

話はそれましたが、エージェントを利用すると言っても、私の要望はだいたい
決まっていましたから、その旨を伝えて3社に応募することにしました。
「10社受けて、面接に進めるのは2~3社ぐらいですよ」と言われていたので、
「もしかしたら1社も面接受けられないかも?!」なんて思ったりしましたが、
いちおうすべての会社の書類審査は通りました。

これは私の職務経歴や自己アピールの成果というわけではなく、
現職のネームバリューのおかげかと思われます。

さて、実際に面接に進んだわけですが、やはり面接はどの会社も
新卒採用時とは大いに異なっていました。

新卒の採用はどの会社も学生の潜在能力や企業文化に合うか合わないか
等で判断されると思いますが、経験者採用はやはり「即戦力になるかどうか」
を問われているのがひしひしと伝わってきます。
精神論は全く通用しないって感じですね。
受けている会社が外資系だからっていうのもあるのかもしれません。

即戦力としての実力があるかと言われるとかなり怪しいところですが、
ここは自信たっぷりに見せかけて落ち着いて対応するしかありません。
実際はワキ汗びっしょりかいて緊張してたわけですが…

私はコミュニケーションスキルに関してはそれなりに自信があったためか、
面接もそれなりに順調に進んでいきました。
さて、その3社の結果はというと…

まず1社目。
最終面接に進もうという段階で、「採用中止」になってしまいました。
本社(アメリカ)からの意向で、組織都合で採用を中止することになった、
とのことでした。

なぬーーー?!
なんじゃそりゃ?!という感じです。
人がほしいから募集してたんじゃないの?
もしや、断りづらいからそういうことにしちゃえ!ということなのでは?
と勘ぐって、エージェントさんにも聞いてみました。

しかし、そうではないとのこと。
「まあ、外資系にはよくあることですよ」だって。
そうなのか、外資系…。
恐ろしや。。。
もし内定もらって、現職に退職願出していたらどうなっていたのでしょうか?

続いて2社目。
こちらは2次面接で採用見送りとなりました。

面接官の方が入社した後の直接の上司になる方だったわけですが、
話を聞いてみるとどうも私の持っているスキルと求めているスキルが
マッチしていない模様。

そのため、納得のいく見送りでした。
おそらく入社していても相当苦労することになったと思われます。
事業内容的にも給与面でも申し分ない会社だったので残念ですが、
まあ仕方がないですね。

そして3社目。
こちらは内定をいただきました!
ぜひ入社してほしい、とのこと。

さあ、私はこの会社に転職することになるのか?!
実はそうあっさりとは行きませんでした。
そこには大きな障壁が待っていたのです。。

続く。

 - 転職活動

おすすめ

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大手SIerからの転職は外資コンサルでしょ!!

photo credit: Bac Ha weekly market &#821 …

大手SIerで働く私が転職を考え始めた理由

photo credit: Spring in the mountains &# …

大手SIerからの転職先候補

photo credit: Ride the wild Wind … …

転職に立ちはだかる壁。それは妻でした。。

photo credit: Alphabet Jumble via photop …

副業しながら転職を考えてみた

photo credit: Meriton and World Tower, D …