アラサーハゲの副業生活ブログ

ごくごく一般的なサラリーマンが副業でお金を稼ぐために悪戦苦闘するさまを綴っていきます。

*

Motion5のカメラ機能をマスターせよ!!(その1)

      2019/09/19

pict013 Motion5を使いこなすのが難しい、という方は多くいるかと思います。
Motion5は何が難しいのか?

それは「カメラ機能」と思われます。

このカメラ機能、確かにわかりづらい。
まず、カメラの考え方というか、どのように動かしたらどのような視点になるのか
というのが非常にイメージしづらいのです。
これがMotion5が広まらない一番の理由なのではないかとすら考えています。

ダイナミックな動きを使った映像を作りたい、と思っても
このカメラをうまく使いこなせないと難しいです。
逆に言うと、カメラ機能さえ使いこなせれば、作ることができる映像に
幅が広がることは間違いありません。

今回は、このカメラ機能について解説していきたいと思います。

カメラを追加しよう

カメラ機能を使うためには、まずその「カメラ」をプロジェクトに
追加しなければいけません。

モーションプロジェクトを開いたら、オブジェクトから「新規カメラ」を選択しましょう。
ショートカットキーでは[Option]+[Control]+[C]で新しいカメラを開くことが出来ます。
ツールバー右側のカメラボタンからも開くことが可能です。
pict001

すると、こんなポップアップが出てくるかと思います。
pict002

ここでは「3Dに切り替え」を選択しましょう。
この時、グループに3Dのグループが無かった場合、
自動的にオブジェクトは3Dに変換されるはずです。
2Dのグループにもカメラ機能を追加することは可能ですが、
カメラ機能が動作するのは3Dのグループのみとなっています。

グループを3Dに変換するには、グループを選択した状態で
オブジェクトメニューから中央あたりにある「3Dグループ」オプションを
チェックします。
ショートカットだと[Control]+[D]です。

すると、レイヤーの左側のアイコン表示が変わります。
2Dだとこんな感じ。
pict003

3Dだとこんな感じ。
pict004

カメラの基本的なコントロール

カメラレイヤーを選択した状態でインスペクタの情報タブで
カメラの基本的なパラメーターをいじくることが出来ます。
それは「位置」と「回転」

このカメラ機能で大事な考え方は、パラメーターを動かすと
オブジェクトが動いているように見えますが、
実はそうではない、ということです。

パラメーターを動かすことによって、オブジェクトを見る
カメラの位置を変えている、というイメージを持つように
してください。
実際にカメラを構えて、ファインダー越しに物を見ることを
イメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

カメラの位置を動かそう

それでは、まずは「位置」をいじくってみましょう。
X軸、Y軸、Z軸と3つの軸があるわけですが、
X軸:横方向
Y軸:縦方向
Z軸:奥行き方向
にカメラの位置を動かすことが出来ます。

まずは、X軸。
X軸の値を100pxにすると、
pict005

カメラの位置が100px分、右側にずれました。
カメラの位置が右にずれたので、カメラから見えるオブジェクトは
左に移動していますね。

逆に、-100pxにすると、
pict006

カメラの位置が100px分、左側にずれました。

Y軸は縦方向。
Y軸の値を100pxにすると、
pict007

カメラの位置が100px分、上にずれました。
当然カメラから見えるオブジェクトは、ちょっと下になりました。

最後はZ軸。
Z軸の値を100pxにすると、
pict008

カメラの位置が100px分、後ろにずれました。
オブジェクトが少しちっちゃくなりましたね。

当然、合わせ技も可能です。
X、Y、Zそれぞれを200pxにすると、こんな感じになります。
イメージは掴めますでしょうか?
pict009

カメラを回転させてみよう

次は、「回転」をいじくってみましょう。
回転も「位置」と同じく、3つの軸を使います。
この3つの軸を芯にして回転させるイメージです。

まずは、X軸。
X軸の値を50°にしてみましょう。
pict010

X軸は横方向の軸ですから、その軸を芯にして50°回転させたことになります。
下からオブジェクトを見上げるような感じになっていますね。

次はY軸。
Y軸も値を50°にしてみます。
pict011

Y軸は縦方向の軸です。
これを芯にして50°回転させるので、少し斜めに見る感じになりました。

最後はZ軸。
Z軸は奥行きの軸ですから、それを中心にすると、オブジェクトが
回転しているように見えますね。
pict012

回転も合わせ技が可能。
X、Y、Zそれぞれを30°にすると、こんな感じになります。
イメージと合っていますか?
pict013

今回ご紹介した機能だけでこんな動画が作れるようになります。

今回はここまで。
先程もお伝えしたとおり、大切なことは
パラメーターを動かすことによって、オブジェクトを見る
カメラの位置を変えている、というイメージを持つことです。

最初のうちはパラメーターを動かしまくると、どこからどう見ているのか
わからなくなって目が回ってしまいますが、少しずつ慣れていきましょう。

次回はカメラタイプとアングルについて解説します。

続く。

にほんブログ村 デザインブログ 映像制作へ
にほんブログ村

 - Motion5

おすすめ

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

結婚式ムービー制作のためのMotion5

photo credit: Wedding, Charlottenburg, S …

結婚式ムービーをMotion5で作る

photo credit: Special Pen! via photopin …

Motion5のカメラ機能をマスターせよ!!(その2)

  前回は、Motion5の肝となる、カメラ機能のさわりを ご紹介しま …

Motion5のカメラ機能をマスターせよ!!(その3)

だいぶ時間が空いてしまいましたが、 今回は、Motionのカメラ機能の「アングル …

Motion5をもっと世の中に普及させたい!!

photo credit: The Necessities via photop …