アラサーハゲの副業生活ブログ

ごくごく一般的なサラリーマンが副業でお金を稼ぐために悪戦苦闘するさまを綴っていきます。

*

大手SIerからの転職先候補

   

26076368613_c32e9209eb
photo credit: Ride the wild Wind … via photopin (license)
前回までの記事どおり、私は現在の仕事に危機感を感じて
転職活動をすることにしました。

さて、大手SIerからの転職先として、どこを目指すべきか?

色々な考え方があると思うので、必ずここに行くべき!というのは
無いかと思いますが、やはり多いのはコンサルティング会社ですね。
私もコンサルティング業界を目指してみようと決心しました。

SIerの仕事の進め方というのは、もちろんシステムを構築すること
なのですが、どのようなシステムを作るか?というのは、
基本的にお客様が既に決めていることがほとんどです。

私たちSIerは、「こんなシステムほしいから提案して~」というお客様からの
依頼に対して「合点承知!!」という具合にスタートします。

この仕事をしているとわかるのですが、言われた通りに作るだけで
「本当にそのシステムに価値があるのか?」とわからなくなることが
多々あります。

私の会社でもこんなことがありました。
まだ私も若かりし頃ですが、かなり大規模な新規システムの開発を受注して
日々作業を進めていました。
その開発は、非常に画期的な手法によって実現されており、
非常にコスト削減が削減でき、短納期で作り上げることが可能、ということで、
実際にうまくいきました。
社内では大盛り上がり。
大きい会社なのですが、その中でもだいぶ話題になり、社内表彰も
されたりしちゃったのです。

しかし、そのシステムに対する世の中からの評価は散々。
使いにくい、なんでこんなにわかりづらいのか、こんなシステム作ったのどこの会社だ!!・・・
まあ、ボロクソに言われていました。

オペレーターさんが使う画面も開発したのですが、
彼らからの評判もひどいもので、クレームの嵐でした。

私たちに非はありません。
なぜなら私たちはお客様が要望する通りに作り上げたわけですから。

でも、これってなんか残念ですよね。
せっかく頑張って作ったのに、使いづらいと言われてしまう。
お客様に言われた通りに作ったのに。

この場合、お客様から言われた通りに作ったわけですが、
お客様の目論見がそもそも間違っていた、つまり
どういうシステムを作るべきか?という根本のところが
間違っていた、ということになります。

簡単に言うと、これを解決するのが、コンサルティングということになります。
大手SIerと言っても、この点は非常に弱い。
口を開けて待っている体質が抜けておらず、提案やプランニングには
弱いわけです。

言われたものを作るだけであれば、出来る会社は国内にもかなりあって、
作るものが決まっているわけだから当然価格競争が激しくなります。
ライバルが国内だけであればまだいいのですが、今後は
価格の安い新興国のライバル会社も増えてくることでしょう。

つまり、言われたものを作るスタンスの会社にいてはヤバいのです。
だからこそコンサルティング会社に入って「どんなシステムを作るべきか?」
を提言できるビジネスマンになる必要があると考えたわけであります。

それでは、どの会社に行こうか?
私には行きたいと思う会社がいくつかあったのですが、
そこにはある共通点があります。
そのあたりはまた次回に。

続く。

 - 転職活動

おすすめ

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

副業しながら転職を考えてみた

photo credit: Meriton and World Tower, D …

転職に立ちはだかる壁。それは妻でした。。

photo credit: Alphabet Jumble via photop …

大手SIerで働く私が転職を考え始めた理由

photo credit: Spring in the mountains &# …

大手SIerからの転職活動。その結果は…?!

photo credit: In the sky via photopin (l …

大手SIerからの転職は外資コンサルでしょ!!

photo credit: Bac Ha weekly market &#821 …